知的財産関連の解説

ここでは、知的財産関連の解説を一般向けにしていることから、正確性に欠ける部分を含んでいることがあります。

正確な内容を知りたい方は、このサイトで概要を把握した後、他のサイトを利用すると良いと思います。 正確性を求める場合は、弁理士、弁護士に相談してください。

共同開発、共同出願の留意点

概要研究開発を行っているところ、大手より共同開発の話が舞い込んでくることがあります。このような場合、しっかりした内容の契約を結んでいかないと、不利な状態に陥ることがありま...

続きを読む

2位じゃダメなんでしょうか?

概要経営の世界では、数学的な検討がされています。ここでは、じゃんけんゲーム(破産ゲーム)を例にして、市場において繰り返して勝負をする事業と、知財との関係を説明します。...

続きを読む

利用契約書と著作権の関係

結論一般的な利用契約書に著作権が発生している事案は殆どないと考えてよいと思います。説明創業者におかれましては、事業の実施の為に、様々な準備をされていると思...

続きを読む

知財調停の特徴

令和元年10月1日より、知財調停を行う旨の発表が裁判所のウエブサイトに掲載されましたので、知財調停の特徴を簡単にまとめました。予め、書面による管轄合意書を交わしておく必要...

続きを読む

パッケージデザインやロゴと著作物の関係

結論パッケージデザインやロゴは、「著作物」となるための要件を満たすことは難しいと言えます。一般的な著作物の要件著作物の要件は、一般的には「美的鑑賞の対象と...

続きを読む